育児ノイローゼとは? 原因や症状例と5つの対策、相談窓口まとめ

sad-woman

育児ノイローゼとは、子供の育児に関連するストレスが元となり精神的・肉体的に正常ではなくなる状態のこと。

抑うつ状態、無気力、ギャンブル・アルコール・不倫などへの逃避や依存、過食や拒食、睡眠障害、子供や配偶者への虐待、自傷行為など様々な症状を引き起こします。

楽しく幸せな家庭を築くためには、育児ノイローゼの原因となるストレスを取り除き、健全な育児活動をすることが欠かせません。

そこでこの記事では育児ノイローゼへの理解と対策のため、以下についてわかりやすくまとめていきます。

※上の一覧をタップすることで目的の項目にジャンプできます

自身と子供と家庭を守るためのノウハウとしてぜひお役立てください。

育児ノイローゼとは

woman-sad-crying

まず、育児ノイローゼとはどのようなものかについて紹介しておきましょう。

育児ノイローゼとは

育児ノイローゼとは、子供の育児からくるストレスにより精神的・肉体的な様々な悪い症状がでてしまう状態のことです。

育児ノイローゼの症状にはさまざまなものがありますが、育児中に「ネガティブな意味で普段と違う状態が慢性的に続いている」のであれば一度育児ノイローゼを疑い対策をしましょう。

一時的に忙しくて負荷が重なり疲れてしまうことは誰にでもありますが、健康なときと違う状態が慢性的に続いている場合は要注意です。

その状態が続くと、育児ノイローゼが重篤化して自分はおろか家庭が崩れることにつながってしまいます。

無理せず心と体を休ませるために現状を改善する方法を考え実行しましょう。

 

育児ノイローゼが自分と家庭に及ぼす影響

育児ノイローゼが具体的に家庭にどのような悪影響を及ぼすのか紹介しましょう。

 

うつ状態、無気力、依存、逃避など精神疾患になる可能性がある

精神的・肉体的な疲労が大きいと何かをやる気になれず、気分がふさぎ、うつ状態や無気力状態に陥る可能性が高くなります。

また、現状から逃げ出したい精神状態から逃避や依存に繋がるケースも。

結果、育児や家事ができなくなり、さらに自分はダメだと追い込む負のスパイラルに入ってしまいます。

 

子供の虐待につながる可能性がある

育児ノイローゼはさまざまな要因により引き起こされますが、その大元には子供がおり、子供に向けてストレスを発散してしまう危険性があります。

頭では分かっていても、追い込まれてストレスがピークに達した人間は衝動的に何をするかわかりません。

大切な子供を傷つけてしまう重大な事態になる前に、ストレスを溜めない生活を作り出すことが大切です。

 

家庭崩壊につながる可能性がある

育児・家事が思うように進まないと、パートナーに負担がのしかかります。

パートナーへの負荷が大きくなるとパートナーも体調やメンタルを崩してしまい、もはや家庭は回らなくなり、家庭崩壊につながってしまいます。

 

育児ノイローゼの原因

育児ノイローゼの原因には様々なものが考えられますが、以下のような育児上のストレスを受け続けた場合、育児ノイローゼに陥る可能性が高まります。

  • ワンオペ、味方や頼れる人がいない環境にいる
  • パートナーが育児に非協力的、あるいは育児放棄している
  • 子供の世話、教育、しつけがうまくいかない
  • 一般的な子供の発達度合いと比較した自分の子供の成長具合に対する焦りや葛藤がある
  • 自分の育て方が間違っているのではないかという不安を抱えている
  • 保護者同士のコミュニティに馴染めない、あるいはいじめを受けている
  • 母親・父親がビジネスパーソンとして優秀な場合、失敗の多い子供に落胆・挫折する

これらに限らず、育児上の不安・焦り・葛藤などを感じている場合、精神的に大きなストレスとなってしまいますので改善する手立てを考えなければなりません。

 

ママもパパも育児ノイローゼになる可能性があるため、予防策が必要

育児ノイローゼはママだけでなくパパも陥る可能性があります。

前述の通り、夫婦のどちらかあるいは両方が育児ノイローゼになってしまうと家庭環境は大きく崩れ、家族生活を不安定にさせてしまいます。

ですので、育児や家事についてあらかじめ夫婦や家族、地域で協力する体制を整えておくことが重要となります。

 

育児ノイローゼの疑いがある症状例

worried-woman

育児ノイローゼの疑いがある症状とは、具体的にどのようなものなのでしょうか。

以下のような状態が慢性的に続いているなら、育児ノイローゼを疑ってなるべく早く対策を打ちましょう。

 

イライラ

育児ノイローゼに限りませんが、イライラは精神的にゆとりがなくなっている状態。

イライラしている状態はすでに、ストレスや焦りから心のバランスが崩れている状態ですので、体を休めたりリフレッシュする方法を探して実行しましょう。

 

うつ状態、無気力状態

気分がふさぎ込んでしまい物事を前向きに考えられなくなっている状態。

あるいは、家事や育児、さらには生活(食事、トイレ、外出など)もやることが難しい状態。

こうした状態は心も体も疲弊してしまい、生きる気力もなくなってしまう危険な状態です。

 

人との接点が減る、コミュニケーションをしたくない

育児ノイローゼで精神的に疲れて人と会わなくなる状態が続くと孤立化が進み、頼れる人が減ってしまいます。

人と関わらないことで誰にも相談できず、助けてもらえず、孤独を感じ、さらに気分が落ち込む負のスパイラルに入ってしまうため要注意の状態です。

 

体調の悪化、自律神経の乱れ

肌が荒れている、胃腸の調子が悪い、頭痛がする、体の表面が痛い、疲れが取れないなど、育児中に現れる体の異常。

育児疲れによる自律神経の乱れが原因の可能性があります。

 

不眠

育児への不安やプレッシャーから不眠症になる状態。

ただでさえ育児中は睡眠時間が少なくなっているのに眠ることができないと、体は休めず疲れが蓄積されて体を崩す原因になります。

 

集中力が減る、ボーっとして危険な目にあう

育児ノイローゼで肉体的・精神的に疲れがたまると、ボーッとして注意力が散漫になります。

危うく事故になりそうだった「ヒヤリハット」を感じた時は無理せず休養を取る必要があります。

 

過食/拒食

ストレスで暴飲暴食してしまう、あるいは食事がまったく喉を通らないといった食に関する異常。

栄養を適切に摂取できなくなってしまいますので、生活習慣病などのリスクも高まってしまいます。

 

異常な体重変化(太った、やせた)

女性の場合はホルモンバランスの変化により体重が増減しますが、体重が異常に変化した状態。

育児ノイローゼによる過食や拒食が原因の病気リスクもありますが、鏡で異常に太った・異常に痩せた自分をみると、自信喪失につながり外出や人とのコミュニケーションを避ける原因になってしまいます。

 

異常な浪費

ふだんしないような異常な浪費もストレスによるものの場合もあります。

買い物がストレス発散になる人もいますが、生活が苦しくなるほどの金銭的浪費をしてしまう状態は正常ではありませんので、専門家などに相談してみましょう。

 

依存や逃避(アルコール、ギャンブル、不倫など)

アルコールを大量に飲んでしまう、ギャンブルに没頭してしまう、他の異性を心のよりどころにするなど、依存や逃避をする状態。

自分ではダメだとわかっているけれどどうしようもない、あるいは自暴自棄になってしまうなど現実から目をそらしている状態が続くと、生活が回らなくなり大きなトラブルの原因となります。

 

パートナーへのいじめや虐待

育児ノイローゼになると、子供だけではなくパートナーへも虐待をする可能性があります。

暴力をふるうDVのようなイメージがありますが、パートナーの歯ブラシで排水溝を洗う、パートナーの飲み物に汚水を使う、パートナーの食事を作らないといった精神的なダメージを与えるいじめもあります。

育児や家事をしない旦那に原因がある場合が多いですが、他人を傷つけることでストレス発散する状態は精神的に疲れているサインですので、なるべく早く専門家に相談しましょう。

 

子供への虐待

育児ノイローゼになる原因が「子供」であるとして、子供へ自分のイライラをぶつけてしまう状態です。

これは自分も子供も非常に危険な状態です。

子供への虐待を認識した時点で「自分はもう追い込まれておかしくなっている」と受け入れ、すぐ専門家やパートナーに相談してください。

 

自傷行為

自分を傷つける状態は非常に危険です。

「苦しみから解放されたい」と生きることにネガティブな状態は、精神的にも肉体的にも完全に追い込まれています。

自分では正常に判断ができないこともあるため、自傷行為を認識したら、考える前にすぐパートナーや専門家に相談しましょう。

 

育児ノイローゼになりやすい人の特徴

mother-children-divorce

男女すべての親が育児ノイローゼになる可能性がありますが、特に育児ノイローゼになりやすい人の特徴も紹介しておきましょう。

 

ワンオペ育児(頼れる人が周りにいない)

ワンオペ育児で頼れる人が周りにいない場合、育児・家事・身の回りのすべてのことを一人でこなさなくてはならないため、精神的・肉体的に消耗してしまいます。

実家から遠い場所に住んでいる、パートナーが育児・家事をしてくれないといった環境だと、逃げ出したくても逃げ出せず一人で悩みを抱え込み育児ノイローゼになる可能性も高まります。

 

周りの人からプレッシャーやいじめを受けている

嫁姑問題で義両親からプレッシャーをかけられている、あるいは会社でいじめを受けているといった環境にいる場合、精神的に追い込まれて育児ノイローゼになる可能性も高まります。

 

他人と自分を比較してしまう

ママ友やパパ友の家庭と自分の家庭を比較して「自分はダメだ」とネガティブな気持ちに陥り育児ノイローゼにつながる場合もありますので、他人から影響を受けやすい繊細な人は要注意です。

 

閉鎖的で人との交流がない

友達が少ない、育児センターや児童館に行かず他人とあまりコミュニケーションを取らない人は、人に相談したり助けてもらうことがなかなかできなくなってしまいます。

周りの人が育児ノイローゼに気づいてくれることもなくなるため、いつのまにか症状が重くなってしまうことも気をつけなければなりません。

 

産後でホルモンバランスが安定していない

母親は産後にホルモンバランスが崩れることで体に様々な変化が現れます。

精神的にも不安定になりやすいので、ストレスが大きい環境にいると育児ノイローゼのリスクも高まります。

 

完璧主義、手抜きができない

完璧主義で何事も100%の形にしないと気が済まないという性格の場合、物事にこだわりすぎるあまり時間がなくなり、ほかの育児や家事に手が回らなくなってしまいます。

さらに育児や家事が滞ってしまうと「わたしは無能だ…」と自分を自分で追い込んでしまい、育児ノイローゼに陥る可能性があります。

 

育児ノイローゼの対策と予防法5つ

family-children

育児ノイローゼを防ぐにはどうすればいいのでしょうか。また、育児ノイローゼになってしまったらどのように行動すればよいのでしょうか。

具体的な解決策をここで紹介しましょう。

 

1. まず誰かに相談する

辛い状況を一人で抱え込んでしまうことが育児ノイローゼになる大きな原因になります。

全部を自分一人で抱え込まなくても大丈夫なんです。以下の相手にまずは相談してみましょう。

 

最も頼れる人(パートナー、両親、親しい先輩ママ・パパ)に相談する

まず、自分は育児ノイローゼでは?と感じたら、最も頼れる人にまず相談しましょう。

身近な頼れる人としてパートナーや両親が挙げられますが、パートナーや両親が原因で心身を崩している場合もありますので、その場合は頼れる友人などにも悩みを相談してみましょう。

 

専門家に相談する

自分が育児ノイローゼかもしれないと思ったら、頼れる人とあわせて専門家にも相談しましょう。

頼れるパートナーのアドバイスであっても、素人目線のアドバイスは的外れで効果が薄い場合もあります。

育児支援センターを訪れて相談したり、育児支援関係の公共機関に電話で相談することもできますので、専門家視点からより効果の高い解決案をもらえるようになります。

ただ悩みについて聞いてもらえるだけでも心が軽くなりますので、悩まず遠慮せず活用しましょう。

育児ノイローゼ相談窓口一覧は⇒ こちら

 

2. 十分な睡眠をとり休養する

睡眠は体力・精神力の回復において最も重要です。

パートナーや両親に数時間子供を預けたり、ベビーシッターに頼んで子供を少しの間見てもらうことで自分の休養時間を確保することができます。

授乳期間中であれば子供用ミルクを使って、自分以外の人にミルクを子供に与えてもらうこともできます。

育児は長期のマラソンと同じなので、長く走り続けるため、いかに自分の体を休めるか工夫をこらすことも大切です。

 

3. 誰かに頼り、自分の自由な時間をつくる

休養とあわせて、自分が思い切り羽を伸ばせる日や自由になれる時間を意識的に作ることも大切です。

好きなことをするとリフレッシュでき、活力もみなぎり、育児をするエネルギーが回復します。

自由な時間を生み出す方法として以下を検討してみましょう。

 

身近な人に子供を預かってもらう

最も身近なパートナーは一番お願いしやすい相手です。妻・旦那の実家の近くに住んでいる場合であれば、実家の両親に少しの間子供を見てもらうのも良いでしょう。

身内の人間が近くにいない場合は、託児所やシッターの力を借りるのも一つの手です。

今の自分に実現可能な時間のつくり方を探して心と体のリフレッシュ時間を生み出しましょう。

 

家事・育児代行サービスを使う

誰かに頼る方法の一つとして家事代行サービスやベビーシッターの手を借りることも便利な手段です。

「代行サービスなんて贅沢だ」と思うかもしれませんが、現代ではアプリを使って1時間単位から安価で簡単に依頼ができるサービスもあります。

週に1回、掃除洗濯、料理の作り置きを依頼するだけでかなり楽になりますので、自分を守るための有効な手段として検討してみましょう。

 

4. 日々の記録をつける

子供の成長をたどるために育児日記をつけている人も多いかもしれませんが、日記をつけることで自身の変化を振り返り、自分に起こっている異常に気付くことができます。

今はスマホアプリなど気軽に日記を残せるサービスもたくさんありますので、子供の成長と自分の健康を管理する材料として記録してみましょう。

 

5. やるべきことを自分以外のものに任せる

手を抜くとは「やるべきことをやらない」のではなく、「やるべきことを自分以外のものに任せる」ことです。

仕事のできる人がそうですが、他人でもできるような仕事は部下に依頼したり外注することで、自分にしかできない仕事に集中でき、高い価値を生み出しています。

育児や家事においてもよくよく考えてみると、自分でなくてもできる育児や家事はたくさんあります。

  • 子供食事:市販のベビーフードやレトルト食品、お惣菜を活用
  • 掃除 :お掃除ロボットの利用、家事代行
  • 洗濯 :乾燥機付き洗濯機の利用、家事代行
  • 洗い物:食器洗い機の利用、家事代行
  • 買い物:食品配送サービスの利用、家事代行
  • 料理 :惣菜・ミールキット・レトルト・冷凍食品の活用、外食、家事代行(数日分の作り置き)

自分がやらなくてもいいことを「外注」することで、自分が休む時間や家族団らんの時間を生み出すことができ、心の余裕につながります。

生活を豊かにするために、何より自分の心身を守り余裕を持つために、生活家電や代行サービス、レトルト食品や惣菜、便利な生活家電など利用できるものはどんどん利用しましょう。

 

育児ノイローゼの相談窓口

couple-touching

自分が育児ノイローゼかも?と思ったときは行政などが運営している以下の窓口があります。

相手に悩みを聞いてもらえるだけでも気持ちが一気に軽くなります。

電話先の方はみんなあなたの味方です。匿名で相談できますので安心して連絡してみてください。

 

よりそいホットライン|一般社団法人社会的包摂サポートセンター

yorisoi-hot-line画像:よりそいホットライン|一般社団法人社会的包摂サポートセンター

どんな人でも、どんな悩みでもよりそって相談にのってくれるサポート機関です。音声ガイダンスで自分の必要とする相談内容を選択して、専門の担当者へ電話相談することができます。

WEBページ
よりそいホットライン|一般社団法人社会的包摂サポートセンター

電話番号
0120-279-338(通話料無料)

利用可能時間帯
24時間

 

こころの健康電話相談統一ダイヤル|厚生労働省、各地域行政機関

kokoro-no-kenkou-soudan画像:こころの健康相談統一ダイヤル|厚生労働省

電話をかけた所在地により、地域の公的なこころの健康相談窓口に電話がつながります。

WEBページ
こころの健康相談統一ダイヤル|厚生労働省

電話番号
0570-064-556

利用可能時間帯
各地域の期間による(以下関連ページより確認できます)

 

育児相談電話|社会福祉法人 日本保育協会

japan-childcare-organization画像:育児相談電話|社会福祉法人 日本保育協会

保育士や元保育園長など子育てに携わる専門の先生が、妊婦や乳幼児についての悩みについて寄り添って相談に乗ってくれます。

WEBページ
育児相談電話|社会福祉法人 日本保育協会

電話番号
03-3222-2120

利用可能時間帯
月曜日〜金曜日(土日祝、年末年始を除く)
10:00〜12:00、13:00〜16:00

 

電話相談(子育て・思春期・更年期)|日本助産師会

japan-midwife-organization画像:電話相談(子育て・思春期・更年期)|日本助産師会

妊娠・出産・子育てのプロである助産師が、育児を始め、女性の一生にわたる性や生殖にかかわる健康問題など相談に乗ってくれます。

WEBページ
電話相談(子育て・思春期・更年期)|日本助産師会

電話番号
03-3866-3072

利用可能時間帯
毎週火曜日(祝祭日、お盆、年末年始を除く)
10:00〜16:00

 

児童相談所全国共通ダイヤル|厚生労働省

jidou-soudan-madoguchi画像:児童相談所全国共通ダイヤルについて|厚生労働省

他者あるいは自分による虐待に気づいた際に全国の児童相談所に相談できます。

WEBページ
児童相談所全国共通ダイヤルについて|厚生労働省

電話番号
189(通話料無料)

利用可能時間帯
記載なし

※児童相談所への相談窓口
児童相談所相談専用ダイヤル
0570-783-189(通話料有料)

 

エンゼル110番|森乳コミュニケーションズ株式会社

angel-110画像:エンゼル110番|森乳コミュニケーションズ株式会社

民間企業である「森乳コミュニケーション株式会社」が運営している育児相談窓口です。妊娠中から就学前までの子供についての育児相談ができます。

WEBページ
エンゼル110番|森乳コミュニケーションズ株式会社

電話番号
0800-5555-110(通話料無料)

利用可能時間帯
月曜日〜土曜日(日曜祝日、年末年始を除く)
10:00〜14:00

 

赤ちゃん相談室|株式会社 明治

meiji-childcare

画像:赤ちゃん相談室|株式会社 明治

民間企業である「株式会社 明治」が運営している相談窓口。赤ちゃんへの授乳や離乳食、母親や妊産婦の食事と栄養について、管理栄養士と栄養士に相談することができます。

WEBページ
赤ちゃん相談室|株式会社 明治

電話番号
0570-025-192(ナビダイヤルにつながります)

利用可能時間帯
月曜日〜金曜日(毎月第3火曜日と年末年始を除く)
10:00〜15:00

 

さいごに、育児が辛いあなたへメッセージ

family-new-born-baby

育児ノイローゼについて詳しく紹介してきましたがいかがでしたか?

育児を通して心身を壊してしまうことは決して珍しいことではありません。

あなたが今辛い思いをしているなら、無理しなくていいんです。

あなたはもう十分頑張っているんですから。

他人のおせっかいな言葉や他人と比較して悩む必要はないんです。

子供の成長は十人十色なんですから。

自分の子供が幸せと感じてくれていればそれが正解です。

育児ノイローゼの対策で紹介しましたが、頼れるものには頼りましょう。手を抜けるものは手を抜きましょう。

肩を張らず、気張らず、それなりに適当な方が気持ちも軽くなり、実はうまくいったりします。

本記事が今が辛いあなたの現状を変える一助になれば幸いです。

あなたにおすすめの関連記事

kissing-mom-baby-dad
couple-fight
BABY-MOTHER-SMILE
house-keeper
go-back-to-parents-home-2
man-cooking
woman-relaxing-on-the-bed
heartsickness-woman-man
heart
married-couple-talking
couple-bike