【男女別】結婚で後悔している10のこと。原因と改善方法も詳しく解説

married-couple-regret

あなたは結婚したことを後悔していますか?

幸せな家庭を築きたいと願い結婚したにもかかわらず、「こんなはずじゃなかった・・・」と後悔している夫婦は実は思いのほか多いもの。

実際、日本では結婚した夫婦のうち約3組に1組の夫婦が離婚しており、結婚生活に悩んでいる夫婦は少なくない状況です。

そこでこの記事では、結婚を後悔しているという方向けに

について、わかりやすく紹介していきます。(※上記のメニューをクリックすることで目的の項目にジャンプします)

夫婦関係で後悔している現状を良くするヒントが得られますので、ぜひ本記事をお役立てください。

結婚を後悔している夫婦は多い

まず、実際に結婚を後悔している夫婦はどれくらいいるのかを簡単に紹介しておきましょう。

結婚後、約半数の夫婦は後悔している

2015年にプレジデントウーマンが行った調査によると、今の夫と結婚したことを後悔したことがある女性は約半数にのぼり、少なくない数の既婚女性が結婚後に後悔したと感じているようです。

こちらの調査は30歳から59歳の既婚女性に対して行っているもので、50代では6割以上が結婚を後悔しているなど、結婚歴が長いほど後悔の年が高まりやすいことが伺えます。

では20代など若い世代についてはどうでしょうか。

2019年にマイナビウーマンが行った結婚に関する調査によると、アンケート対象となった22歳から37歳の既婚女性のうち約3人に1人の既婚女性が結婚を後悔していると回答しています。

先の調査よりも比較的若い層が対象で、新婚のように結婚してから日が浅い人も多いと思われるにもかかわらず、3人に1人は結婚生活に悩み後悔しているという結果は、結婚生活の難しさを表していると言えるでしょう。

【女性編】結婚で後悔した10のこと

結婚して夫婦で悩んだり後悔している女性がいることはわかりましたが、結婚生活・夫婦関係のどのような点に悩んでいるのでしょうか。

女性が結婚で後悔していることとして以下が挙げられます。

1. 旦那と価値観・性格がずれている

男女ともに「価値観のズレ」は結婚を後悔する大きな原因になります。

価値観がズレていると、お金の使い方、時間の使い方、家事・育児方針など普段の生活で些細なことにもイライラして夫婦喧嘩にも発展しやすくなってしまいます。

2. 出産・育児(できちゃった婚)で自由な時間がない

家事と仕事の両立でも大変なのに、出産をすると自分の時間がほぼゼロになります。

睡眠時間も削られ、趣味もできず、コントロールできない子供に頭を抱えてストレス過多に。

特にできちゃった婚(授かり婚)の場合、子供を授かることはこの上ない幸運ですが、やはり自分の人生に制限がつくため結婚を後悔する場面も出てくることになります。

3. 旦那が育児・家事をしてくれない

今は家事や育児の分担が当たり前の時代ですが、昭和的な古い考えをもった旦那と結婚してしまうと、家事や育児もワンオペで負担がのしかかってきます。

夫婦で一緒に家庭をつくるという理想とは裏腹に、自分だけ辛い思いをしてしまい「なんでこんな男と結婚したんだろう…」と結婚を後悔するはめになってしまいます。

4. 旦那の収入が低い、お金を自由に使えない

日々の生活や住居費をはじめ、子供の教育費、老後資金など、結婚にはお金がかかるため自由にお金は使えません。旅行やぜいたくをしたいならなおさらです。

旦那の収入にも頼りたいところではありますが、旦那の収入が少ないことでお金の制限はさらに増え、もう少し稼ぐ力のある男性と結婚したかったと後悔を感じること出てくるでしょう。

5. 旦那の生活習慣が悪い

一日中だらだらゲームをしていたり、休日なのにずっと寝てばかりで何もしない旦那。

生活習慣が悪い旦那と一緒にいると、生活が一気に退屈で色の無いものになってしまうため、夫婦でやりたいこともできず「こんなはずでは…」と旦那に後悔しながら結婚生活を送るハメになります。

6. 旦那がマザコン、嫁姑問題

旦那がマザコンだったら悲劇。加えて姑が出てきて嫁姑問題になったらさらに悲劇。

姑との不仲やいじめで悩む人も多く、結婚してから後悔する代表例といえるでしょう。

関連記事
嫁姑問題に陥る10の原因と具体的な解決策

old-woman

7. 旦那に浪費癖がある

旦那がギャンブルや高価な買い物にお金を使ってしまったり、金銭感覚がおかしい浪費家だと将来の貯蓄が無くなり困ることに。

特にギャンブルはお金も時間も使った結果何も得られないということもあり、夫婦・家族の時間も無くなり結婚を後悔することにつながってしまいます。

8. 旦那が上から目線、モラハラで思いやりが感じられない

「お前は年収が低いんだから」「家事が全然効率的にできてない」などといって、常に上から目線で文句の多い旦那とは一緒にいてもイライラするだけです。

さらにはお店の店員に対しても上から目線で偉そうにしている旦那は小さい人間と感じて、この人と結婚して良かったのだろうかと疑問や後悔が湧いてきます。

9. 不倫される、旦那が女性として見てくれない

お互い愛し合って結婚したはずなのに、いつからか女性として見られなくなりカラダの関係も夫婦関係も希薄に。

挙句の果てに旦那に不倫され泥沼化してしまうなど、結婚後の悩みや後悔は尽きません。

10. 旦那が自分優先で家庭をないがしろにされる

「仕事に集中したいから平日は家事育児をよろしく」

「仕事でお金を稼ぐためにリフレッシュしたいから休日も家事育児よろしく」

のように、自分のペースを優先する旦那の場合、家庭をないがしろにされてしまうことも。

妻として納得しているならよいですが、家事や育児の負担がかなり大きく、夫婦の時間もとれず結婚生活で寂しい思いをして「思っている生活と違う」と後悔の念でモヤモヤしてしまいます。

【男性編】結婚を後悔した10のこと

女性の結婚への後悔していることについて紹介してきましたが、一方で既婚男性が後悔していることはどのようなものがあるのでしょうか。

男性が結婚してから後悔することとしては以下が挙げられます。

1. 妻と性格や価値観が合わない

妻と性格や価値観が合わず、些細なことでイライラしてしまい喧嘩に発展するなど、考え方にズレがある場合です。

価値観や性格のズレは離婚の原因としても1位になっています。特にお金に関する価値観のずれは大きなトラブルの原因となり、結婚してから後悔することになります。

関連記事
むしろ関係良くなる夫婦喧嘩のやり方と仲直り方法

married-couple-quarrel

2. 自分の自由な時間がない

結婚すると家事や夫婦の時間などにより自分一人の時間が大きく減り、さらに子供が生まれると自分の時間はほとんどなくなるため、時間の無さにかなりの苦痛とストレスを感じることになります。

実現したい目標があっても、そのために使える時間がなくなるため夢をあきらめるなど結婚してから後悔することも少なくありません。

3. 妻からマウンティングされる

収入が低い、家事や育児が下手など、妻からマウンティングされて弱い立場に置かれてしまうと精神的にストレスとなります。

一緒に対等な立場で結婚生活を送れると思ったのに、常に上から目線でモノを言われることが苦痛で結婚を後悔してしまうことに。

4. 妻が家事・育児をしてくれない

仕事に集中したい旦那であれば、妻に自宅の環境をある程度整えてもらいたいと考える人も多くいます。

しかしながら、夫婦の家事・育児の負担のバランスがうまくとれず、家事や育児までも消極的で男性に負担が大きくのしかかってしまうことで精神的に追い込まれ後悔することもあります。

5. 妻の束縛・依存が強い

妻から定時連絡を求められたり、門限があったりと、行動を束縛されることで結婚を後悔するケースもあります。

旦那に対して疑心暗鬼になり、束縛がエスカレートすることもあり、潔白を説明しても聞き入れてくれないため精神的に追い込まれてしまいます。

6. 妻との生活習慣、文化が大きくズレている

自分はミニマルなシンプルライフを理想としているのに、妻はモノを捨てられずいつもごちゃごちゃと雑然とした部屋にしてしまう。

あるいは、地元の独特なよくわからない習慣を結婚生活にも持ち込んできて困るなど、生活習慣や文化の違いから結婚を後悔することもあります。

7. 妻と味の好みが違う

自分は濃い味が好きでも、妻はうす味が好き。こうなると食事のたびに料理の味付け論争が起こり、夫婦喧嘩に発展してしまいます。

料理の味つけは毎日の生活にかかわる問題のため、イライラが募る機会も多くなってしまいストレスから結婚の後悔につながってしまいます。

8. 結婚前後で妻の態度が一変した

結婚前は優しかったが、結婚後は支配的になりあごで使われるようになってしまったなど、結婚後に妻の態度が一変してしまうこともあります。

見抜けなかった自分にも悔しい想いが募り「こんなはずじゃなかった…」と結婚を後悔してしまいます。

9. 妻が働いてくれない

今の日本では老後の資金問題をはじめ、蓄財や資産形成が重要なテーマになっており、共働きしている夫婦も増えています。

そんな中「私は専業主婦だ」と断固として働こうとしない妻がいると、旦那の収入の負担が大きくなり、将来的なお金の不安と共に結婚への後悔も膨らむことになってしまいます。

10. 妻が両親や親戚と仲良くしてくれない

親戚同士は仲良く円満でありたいものですが、嫁姑問題をはじめ、親戚と妻の中が悪くなることもあります。

一度両親や親戚を嫌いになってしまうと、その後も悪循環によって関係修復ができなくなってしまいます。

親戚づきあいは切っても切れないもののため、長い結婚生活で悩むことになってしまいます。

結婚して後悔する原因は実はたったの5つ

couple-dinner

ここまで、男性と女性が結婚して後悔する内容について紹介してきました。

結婚で後悔するこれらの悩みは、実のところ、以下のたったいくつかの原因が引き起こしています。

  • 結婚相手の理解不足だった
    性格や負債を知らず、外見や年収などパートナーの本質を理解しないまま結婚した
  • 結婚自体が目的になっていた
    結婚出来ればいいと思い、あせって結婚した。押しに負けて結婚した
  • 結婚の選択肢を狭めてしまった
    できちゃった婚(おめでた婚)など、結婚せざるを得ない状態に陥っていた
  • 結婚に対して甘く考えていた
    家事、育児、仕事と生活の大変さを甘く見ていた。お金の負担を甘く見ていた
  • 不安の解決を先延ばしにした
    パートナーの悪い癖を結婚後に変える、あるいは結婚したら変わると思っていた

あなたにも心当たりがありましたか?

これらの結婚の後悔につながる原因は結婚前にきちんと対策しておくもであり、結婚後にはどうしようもできないと思うかもしれません。

しかし、実のところ、今の結婚生活をよりよくするための対策と心構えというのはあり、誰でも実行できるのです。

ここからは、そんな結婚後の後悔を消すための具体的な改善方法を紹介します。

結婚で後悔している夫婦がやるべき改善方法

couple-standing

それでは結婚で後悔している夫婦がやるべき改善方法を詳しく解説していきましょう。

具体的には以下の5つのステップを実践していくことが大切になります。

  1. 後悔している原因を洗い出す
  2. 後悔している原因の解決策を考える
  3. パートナーに自分の本音を伝え、相手の本音も受け入れ、徹底的に話し合う
  4. 問題の改善策とうまく生活する仕組みを考える
  5. 改善策を1つずつ取り入れて生活する

詳しく解説しましょう。

1. 後悔している原因を洗い出す

まず、自分が何に対して後悔しているのか、そしてその原因は何なのかを掘り下げていきます。

以下の項目について、紙に書き出してみましょう。

  1. パートナーの何に悩んで後悔しているのか
  2. 悩んでいる行動の原因は何か
  3. なぜパートナーはその行動をするのか

の順に丁寧に考えていきます。

たとえば「旦那がオンラインゲームばかりして家事も育児もしない」ことに悩んでいる場合であれば、

  1. パートナーの何に悩んで後悔しているのか
    ⇒ 旦那が家事・育児をぜんぜんしない
  2. 悩んでいることの原因は何か
    ⇒ オンラインゲームばかりしている
  3. パートナーがその行動をしてしまう原因は何か?
    ⇒ ゲームが好きだから? ストレス発散? 現実逃避している? 依存症? 実はeスポーツのプロを目指している? 自分が辛く当たってしまっている?

のように考えることができます。

特に3つ目の「パートナーがその行動をしてしまう原因」は自分の想像していない重大なことが原因で起こっているかもしれない可能性もありますので、可能な限りリストアップしてみましょう。

2. 後悔している原因の解決策を考える

続いて、パートナーの行動の原因について対策を考えます。

前のステップの「パートナーがその行動をしてしまう原因」でリストアップした原因を解決するには何をすればいいのかを考えていきましょう。

なお、いつも旦那へマウンティングしているなど、自分が原因でパートナーが問題行動をとっている場合もありますので、自分・相手の双方の立場から原因を考えることが大切です。

たとえば、先の例に挙げた「旦那がオンラインゲームにはまって家事・育児をしない」ことの原因と解決策は以下のように考えることができます。

  • ゲームが好きだから?
    ⇒ 自分がそのゲームについて知り、なぜ旦那がハマるのか理解してみる。その上で生活とのバランスをとってもらうように話し合う
  • ストレス発散? 現実逃避?
    ⇒ 仕事など何か大きなストレスの発散のためにゲームに逃げているなら、心のケアのために時間を与える。運動など別のストレス解消方法を取り入れる。仕事での悩みなら転職など環境を変える。
  • 依存症?
    ⇒ ゲーム依存症になってしまい止めたくても止められないなら、一度夫婦で医師のカウンセリングを受ける
  • 実はeスポーツのプロを目指している?
    ⇒ 自分もeスポーツについて理解を深める。その上で応援するか判断する。応援するなら成果が出るまでの期限を決める。
  • 自分が辛く当たってしまっている?
    ⇒ 自分が旦那に対して辛く当たってしまうために、ゲームに引きこもってしまうなら、自分の悪い点を止める

それぞれの原因によって、改善策はまったく違うものになりますので、一つ一つ考えられる原因と改善をていねいに検討しましょう。

3. パートナーに自分の本音を伝え、相手の本音も受け入れ、徹底的に話し合う

自分が悩んでいるパートナーの行動について、真面目に話し合いをする場を設けましょう。

「私は今あなたのこの行動にとても悩んでいて、今後のためにも真面目に話し合いをしたい」と素直に自分の本音を伝えます。

家事や育児が大変で辛いこと、あるいは、パートナーへの心配についてを伝えましょう。

さらにパートナーの言い分も深く聴いて話し合いをしていきます。

自分に不満がたまっていると、相手が悪いと決めつけがちですが、実は「自分がパートナーにストレスを与えていることが原因」という場合もよくあります。

パートナーの正直な言葉を引き出せるかどうかが今後の夫婦・結婚生活を改善する上で大変重要になります。

必ず相手の言葉を聴き【まずは否定せずに受け止める】。その上で原因の対策を検討していきましょう。

4. 問題の改善策とうまく生活できる仕組みを考える

パートナーから何が原因かを聞けたら、夫婦2人で解決策を考えていきましょう。

あらかじめ自分で考えておいた解決策も提案しつつ、パートナーにどんな行動が必要なのかを具体的に実現できる形にしていきます。

たとえば、ゲームをして家事・育児をしない旦那の原因が「仕事のストレス発散」であれば、

  • 転職活動をしてストレスない仕事環境を探す
  • ストレス耐性をつけるトレーニングを取り入れてみる
  • 週1回一緒に運動して別のストレス解消方法を取り入れてみる(ゲームよりは健康につながる)

といった方法で、少しずつ変化をつけて対策をしてみましょう。

何よりも重要なのは、「相手を理解しようとすること」です。

自分が先入観で「くだらない」と思っていることでも、パートナーにとってはとても大切なこともあります。

突き放さず、片方の側面しか見るのはやめて、丁寧にパートナーを理解し、夫婦一緒に問題解決をしていきましょう。

5. 改善策を1つずつ取り入れて生活する

夫婦で話し合った結果、いくつか取り入れてみようという解決策が出てきますので、実際に取り入れて生活してみましょう。

このとき、取り組む改善策は1つずつにしましょう。

というのも、一度にいくつも改善しようとすると続けるのが難しくなり結局挫折してしまうからです。

1つの改善策につき1〜3ヶ月ほど実践して習慣化できてきたら、また別の改善策を取り入れて一つずつ変化をつけていくようにして丁寧に進めましょう。

少しずつであれば夫婦で力を合わせて問題を解決していくことも難しくなくなります。

結婚した夫婦の後悔と改善方法まとめ

married-couple-kissing-on-the-bed

結婚した夫婦の後悔の原因とその解決方法について解説してきましたが、いかがでしたか。

結婚して後悔している人は少なからずいますが、どんな状況でも改善しようと前向きに取り組むことで夫婦関係を良くすることができます。

そのためには夫婦で徹底的に話し合い、相手を受け入れ、夫婦2人で手を取り合って生活を変えていく必要があります。

相手を見限るのは簡単ですが、困難を乗り越えることで絆が深まり幸せな夫婦の結婚生活を送ることにもつながります。

本記事があなたの夫婦関係を良くするヒントとなれば幸いです。

あなたにおすすめの関連記事